島根大学外国語教育センター

英語


 21世紀になって,国際化・グローバル化がさらに急速に進み,そのような状況において国際共通語としての英語の果たす役割がますます大きくなってきています。インターネットにおける情報も英語によるものが最も多いとされています。英語はもはやイギリスやアメリカ,さらにカナダ,オーストラリア,ニュージーランドなどの国々の母語にとどまらず,世界的な広がりを見せているのです。このような状況の中で,日本人にも「使える英語」の習得が求められています。島根大学では,社会的ニーズも高いTOEIC(Test of English for International Communication)を積極的に活用した教育内容を提供しています。また,平成22年度より,eラーニングを導入し,新しい形で英語実践能力を磨きます。

 大学で学んでいく英語は,ただ「科目」として机上で学ぶというより,コミュニケーションに役立つ言語として真に身につけようという意識がとても大切です。しかし,あせる必要はありません。4年間,あるいは大学院における期間を含めると6年間,9年間あるのです。現時点における自らの力を知り,それを着実に伸ばしていけばよいのです。継続的に学び続ける根気が極めて大切です。

 一緒に学ぶ英語教員はいつも皆さんの味方です。(We are always with you.) 新たな気持ちで,始めることから始めましょう。(Begin by beginning.) 基礎力を身につけた後には,楽しい英語の世界が待っています。みなさんの努力は必ず実を結びます。(Your efforts will surely be rewarded.)