ネットワーク型

集中英語学習プログラム

 

平成29年度版

 

eラーニング操作 マニュアル

 

標準コース (基礎・上級は参考)

 


目 次

1.はじめに.. 1

2.ログイン手順... 2

3.メインメニューの操作方法... 4

@       [Lesson]ボタン... 4

A       クイズ、小テスト機能... 4

B       コミュニティボタン.. 5

C       [Logout]ボタン(ログアウト). 5

D       「Reading 課題」 ? 外へのリンク.. 5

E       今日のお知らせ... 5

4.Message Board (掲示板). 5

5.Contact Us (教員へメール送信). 6

6.Check E-mail (担当教員からのメール確認). 7

7.学習メニューについて.. 9

@       [学習選択]ボタン... 9

A       学習進度表... 9

B       顔グラフ... 9

C       [スコア]ボタン... 10

D       [復習]ボタン... 10

E       Main Menu]ボタン... 10

F       Sound Check]ボタン... 10

G       Portfolio]ボタン... 11

8.Listening. 11

9.復習メニュー.. 12

10.Reading課題の操作手順 (標準コースのみ対象) 16

 


1.はじめに

動作環境・初期設定・使用上の注意の説明です。

(1)初期設定

      インターネットに接続されている環境が必須です。

      Cookie JavaScript が有効になっている必要があります。

【登録者一覧画面機能】

動作環境

【登録者一覧画面機能】

Windows Vista
Windows 7
 & 8

対応機種

Mac OS X 10.3以降

Internet Explorer7.0 以上
Firefox3.0
以上

対応ブラウザ

Safari Ver3 以上
Firefox3.0
以上

インターネット接続ができればどのタイプでも対応
※サウンドが再生できることが必要

CPU・メモリ・他

インターネット接続ができればどのタイプでも対応
※サウンドが再生できることが必要

ブロードバンド(ISDN・ケーブル・ADSLFTTH

インターネット回線

ブロードバンド(ISDN・ケーブル・ADSLFTTH

解像度1024x768以上

ディスプレイ

解像度1024x768以上

WindowsFirefoxで学習をされる場合は、あらかじめ「Adobe Flash Player」をインストールしておく必要があります。

 

(2)使用上の注意

[戻る][進む][更新]ボタン使用の禁止
ブラウザの移動は画面上のボタンで行うようにし、ブラウザの[戻る][進む][更新]ボタンの使用をしないで下さい。
[戻る][進む][更新]ボタンを使用した場合に、プログラムに不具合が生じ、突然プログラムが中止され【ログイン】画面に戻ってしまう事があります。また、戻るボタンを利用してカンニングすると、学習が継続できなくなります。
その場合は、ログインからやり直すようにして下さい。

      

ウィンドウ画面操作
ぎゅっとeプログラムでは、同プログラムを複数の画面で同時に操作するようには作られていません。「複数の画面を開き別々の学習をする」という操作をすると、学習データが正しく記録されませんので必ず学習は1画面で行うようにして下さい。 

長時間使用の場合
画面を30分以上放置している場合は、強制的に【ログイン】画面に戻ります。再度ログインして下さい。       

2.ログイン手順

指定アドレスhttp://yaruzo.gyuto-e.jp/menu-shimane/ を入力して、学内の場合は、このまま続けてください。学外で学習する場合、必ず学外アクセスボタンをクリックして、http://yaruzo.gyuto-e.jp/menu-shimane/off-campus/index.htmlからアクセスしてください。曜日、担当教員,クラス名を確認してから、ログインしてください。

() 登録名、パスワードを半角英数字入力し[Login]ボタンをクリックして下さい。(図1)

1

 

 (2)ログインしたら次の登録情報画面が表示されます(図2、3)。

2

 

「変更」ボタンをクリックして、ハンドルネームとメールアドレスを入力ください。確認・登録ボタンをクッリクしたら、次の画面が出ます。

 

図3: メインメニューページ

3.メインメニューの操作方法

図 4:メインメニュー画面

※設定によっては表示されないコンテンツもあります。

その画面に記している@〜Eまでの説明をします。

 

@     [Lesson]ボタン

  学習を開始するために、【学習メニュー】画面へ移動することができます。

 

A     クイズ、小テスト機

  管理者からクイズが設定された場合、このボタンが表示されクイズモードに切り替えが出来ます。

 

B     コミュニティボタン

コミュニティの場の各機能を利用できます。

※設定によっては、[Message Board]で受講者が発言できない(管理者のみ発言)場合があります。

 

C     [Logout]ボタン(ログアウト)

  学習を終了しログアウトします。ログアウト後は【ログイン】画面が表示されます。

 

D     Reading 課題」 ? 外へのリンク  

「ぎゅっとe」ではListeningGrammarの問題だけしか練習できませんので、Readingの問題は「英語IA読解課題」をクリックして、別のeラーニングプログラムでしてください。

E     今日のお知らせ

管理者より全受講生へのお知らせが表示されます。

 

※先生からメールが届いていると、[Check E-Mail]ボタンがアニメーションします。この場合はボタンをクリックしてメールを確認して下さい。

 

4Message Board (掲示板)

「受講者の意見交換の場」です。入力された内容は受講者全員に公開されます。いわゆる掲示板機能です。

※設定によっては受講者が発言できません。(管理者の発言のみ表示)

 

教員からのメッセージを読む

時々、教員からクラス全員に発信するメッセージがあります。「Message Board」をクリックして、確認してください。 (5)

 

図5

 

  

5Contact Us (教員へメール送信)

質問があると時、必ず担当教員へメールを送信ください。

タイトルと本文を入力し、[送信する]ボタンをクリックすると、教員へメールが送信されます(図6)。「ぎゅっとe」で送ったメールは教員のメールアドレスに転送されるので、着実に届きます。

図 6

 

6Check E-mail (担当教員からのメール確認)

教員からのメールを見る事ができます。(このメール機能はeメールとは違います。)

 

新着メールが届いている(アイコンの上にアニメーションが表示される)場合は、内容を確認してから学習

始めて下さい。(図7)

 

新着メールがあれば、まずその内容を表示します(図8)。

 

新着メールを確認した後は今までに届いたメールの履歴を表示します(図9)

 

※ログイン時に新着メールが無くても、ログアウト時に届いている場合があります。学習の最後には必ず

【メインメニュー】画面で新着メールがあるかどうかを確認して終了して下さい。

 

図 7: アイコンの上にアニメーションが表示されたら、新着メールが届いたよ!という合図です

 

図 8:新着メール

 

図 9:いままで届いたメール

  

 

7.学習メニューについて

※設定によっては、表示される学習やコンテンツが異なります。

図 10:学習メニュー

 

画面に記している@〜Gまでの説明を以下に行います。

@     [学習選択]ボタン   

Listening Grammarのそれぞれの学習画面へ移動します。それぞれ問題の開始前に表示される説明に従って学習してください。       

※設定によって表示される学習が異なります。

 

A     学習進度表   

【学習メニュー】画面では、各学習プログラムの学習進度状況がグラフで表示されていますので、学習を進めて行く目安にして下さい。

 

B     顔グラフ

学習の状態が顔グラフで表示されます。

 

 

目(学習の消化数):

 

口(学習時間):

 

眉(学習適切度):
       

                       

C     [スコア]ボタン      

【スコア】画面が表示されます。 

※【スコア】画面に表示される成績結果は、1課題1回目の成績結果を表示し、再挑戦結果は表示されません。

 

D     [復習]ボタン          

解いた問題を復習リストに入れて再度解く事ができます。   

※復習リストへ入れる問題は自分で指定することもできますし、教師が正解率を設定して教師側から指定する事もできます。

 

E     Main Menu]ボタン             

【メインメニュー】画面へ戻ります。(学習終了)

 

F     Sound Check]ボタン         

Listening/Speaking/Writingを学習する前に【音量チェック】画面で音声調節を行って下さい。

Sound Check]ボタンをクリックすると【音声チェック】画面が表示され、Listeningのサンプル文の音声が流れます。音声の有無、音量を確認して下さい。音声調節は各パソコンの音声設定方法で調節して下さい。

 

G     Portfolio]ボタン   

学習項目の【消化問題数】と【正解率】がグラフで表示されます。

 

8Listening

Listening学習はTOEIC Part1〜Part4までの4通り問題形式があります。
リスニング学習は音声教材を使用します。学習前に【学習メニュー】画面の[Sound Check]ボタンで音量の確認を行って下さい。(音量調節は各パソコンの音声設定方法で調節して下さい。)

※解答チェック後、学習を終了する場合は、必ず[メニューへ戻る]ボタンから【学習メニュー】画面へ戻り、規定のログアウト手順で終了して下さい。

11

※ 学習中の画面の移動について
!![戻る]ボタン使用の禁止!!


ブラウザの[戻る]ボタンで前の画面に戻ることは禁止です。学習データが正しく記録されません。
[
戻る]ボタンを押すと突然学習が中断させられ、【ログイン】画面に戻ってしまうことがあります。

その場合は、ログインからやり直して下さい。

 

共通ボタン

[もう一度挑戦]ボタン

合格点数に達していない場合や、不正解の場合に同じ問題の再挑戦画面が表示されます。 ※設定によっては、再挑戦回数は違います。

[次の課題]ボタン

次の設問画面へ移動します。

[メニューへ戻る]ボタン

【学習メニュー】画面へ戻ります。

 

 

ボタン機能

[もう一度聞く]ボタン

音声をもう一度聞くことができます。

[画像を見る]ボタン

設問ページの写真を表示します。(Part.1)

[スクリプトを見る]ボタン

音声内容を英文で表示します。

[スクリプトの訳を見る]ボタン

音声内容の日本語訳を表示します。

[問題文の訳を見る]ボタン

問題文の訳を表示します。

 

 

9.復習メニュー

操作手順

() ListeningGrammarの各問題で、解答後に自信のない問題を復習リストに入れて復習することができます。復習したい問題は[復習リストに加える]にチェックを入れます(図12)。

http://gyuto-e.jp/ge-manual/student/img/review/review_1.gif

12

 

(2)復習リストに問題を追加すると、学習メニュー画面での各問題に復習ツールが表示されます(図13)。

13

 

(3)復習ツールをクリックすると、現在リストに入っている課題の番号が表示され、番号を選択することによって問題の復習をすることができます(図14)。

http://gyuto-e.jp/ge-manual/student/img/review/review_3.gif

14

(4)文法問題の復習に関しては全課題終了後に【弱点克服学習】を行う事ができます(図15、図16)。

http://gyuto-e.jp/ge-manual/student/img/review/review_4.gif

15

 

http://gyuto-e.jp/ge-manual/student/img/review/review_5.gif

16

 

(5)復習リストに追加し忘れた課題を後から追加する事ができます(図17、図18)。

http://gyuto-e.jp/ge-manual/student/img/review/review_6.gif

17

http://gyuto-e.jp/ge-manual/student/img/review/review_7.gif

18

       消化している課題のみ追加できます。

 

 

0Reading課題の操作手順

「ぎゅっとe」とListeningGrammarの課題が終わった後、別のInterCussinというeラーニングプログラムでReadingの課題をしてください。

 

()  「ぎゅっとe」のMain Menupページで「英語IB読解課題」(図19)をクリックすると、図20のような画面が出てくるので、「ぎゅっとe」と同じIDとパスワードで入力ください。

19: 「ぎゅっとe」の「Main Menu」画面で、Reading (英語IB読解)課題をクリック

20: 「ぎゅっとe」と同じIDとパスワードでログイン

 

()  時限・担当教員名、及びクラス名を選択した後, Reading の課題を開始してください。時限・担当教員名、クラス名およびすべての問題回答は必須項目です (図21)。

21

 

()  途中で中断したい場合、「保存」ボタンを押して、ページを閉じてください。最後まで解答する場合、「提出」ボタンを押してください。

図 22: ページの一番下の「提出」ボタンを押すと、解答を提出できます。

 

()  提出した後、解説と点数(正解率)を確認してから、最後にブラウザを閉じてください。

 

()  Readingの課題は繰り返し復習できます。復習する際、課題の点数は平常点としてカウントされません。