島根大学外国語教育センター

外国語教育センターの理念・目的

島根大学外国語教育センターは,平成16年度からの島根大学の法人化に伴い大学運営を改革する中で,法人化以降のセンター第1号としてスタートしたセンターです。学内共同教育研究施設として,学内の外国語教育の企画・運営・実施の責任を担うと共に,学外にも開かれたセンター作りを目指し,外国語教育を通して幅広く地域に貢献し,国際交流の推進にも寄与しながら,地域の「外国語教育の知的拠点」となることを目標にしています。

学生ニーズ・社会的ニーズに即した組織的な外国語教育の実現
島根大学外国語教育センターにおいては,スタッフ全員が連携を密にしながら,学生ニーズ・社会的ニーズに即した外国語教育プログラムを企画し,組織的な外国語教育の運営・実施を行っています。

授業外の積極的な学生支援
従来のオフィスアワーとは異なり,「外国語教育センター・ワークステーション」という新たな教育空間を設け,くつろいだ雰囲気の中で,日常的に学生支援を積極的に行っています。

外国語教育を通した地域貢献・国際貢献に資する諸活動
地域におけるニーズを調査しながら,島根県内の小・中・高校における外国語教育の支援プログラム,市民の生涯学習の一環としての外国語学習プログラム,企業内研修としての語学学習プログラムの企画・実施を行っていきます。また,外国人留学生及び日本人派遣留学生のためのサポートプログラムを企画・実施し,国際交流推進に積極的に協力していきます。