「ぎゅっとe」の基本的な操作方法(概要)

※毎週のe-learningの授業で、以下3つのものを必ず持って来てください。
A: インターネットにログインする情報処理センターが発行したID & Password.
B: 「ぎゅっとe」にログインする教員からもらったID & Password
C: イヤホーン

0. はじめに
「ぎゅっとe」は,インターネットを通して作動するeラーニングプログラムです。以下,順に,みんな一緒に利用の仕方を説明していきますので,指示に従いPCを操作し,勝手なPC操作は行わないようにして下さい。

1.インターネットの接続方法について
①PCのスイッチオンにして,PCを立ち上げる。
②総合情報処理センターターから配布されているID,パスワードを入力し,インターネットに接続する。
→インターネットに接続できない人は,仮ID,パスワードを発行するので,担当教員に知らせる。

2.「ぎゅっとe」の入り口への接続について
 島根大学のホームページ(http://www.shimane-u.ac.jp/) → 図書館・機構・全学施設等 →グローバル化推進機構 → 外国語教育センター → e-learning ( http://cfle.shimane-u.ac.jp/e-learning )→ 「ぎゅっとe学内入口」
または,直接「ぎゅっとe」入口 のURL: https://yaruzo.gyuto-e.jp/menu-shimane/ を入力してアクセスしてください。

3.ログインの方法について
①登録名,パスワードの欄に配布した「ぎゅとe」のIDとパスワードを入力する。登録名は学生番号ではなくて、学生番号の最初のアルファベットを2桁の数字に置き換えて、8桁の数字です。
②[Login]ボタンを押す。

4. 連絡情報の登録について
「あなたに関する登録情報」のページでハンドルネームなどを記入する。義務ではないですが、支障がなければ、携帯電話またはPCメールアドレスの登録を勧めます。基本的な連絡は「ぎゅっとe」の内部メールで行いますが、必要な場合、教員から直接個人のメールアドレスに送信する場合もある。

5.各Lessonの開始方法
Note:
「ぎゅっとe」で学習する時、学習ページ右上の「Help」をクッリクすると、マニュアルが表示されます。
受講者用マニュアル:  http://gyuto-e.jp/ge-manual/student/index.html
①[Lesson]ボタンを押す。
②実際にListeningの課題No.1問題を解答する。
③[採点]ボタンを押す。
→不正解の場合 [もう一度挑戦]ボタンを押す。
④ [もう一度聞く] [スクリプトを見る] [スクリプトの訳を見る ]([問題文の訳を見る])の各ボタンを押して,内容を確認する。
⑤[復習リストに加える]ボタンを押す。
→復習機能設定については,後ほど詳しく説明する。
⑥[次の課題]ボタンを押す。
⑦同様にListeningの課題No.2問題を解答する。
・以下,操作手順は同様。
⑧[メニューへ戻る]ボタンを押す。 
⑨Grammarについても,②以下の操作を行ってみる。

6.復習機能の設定
①Listeningの右下の[復習ツール]ボタンを押す。
→先ほど設定した課題番号No.1が復習課題リストに入っていることを確認する。
*学習メニュー画面で[復習ツール]の表示のない場合は,上記の⑤の指示に従っていないため,もう一度課題問題を解き,[復習リストに加える]ボタンを押す。
②[復習設定]ボタンを押す。
→[「教師指定」以外でも,本人設定で必ず追加する]のところが,ONになっていることを確認する。
→小テスト,まとめテストの勉強のために「復習リスト」を利用する。
ⅰ) 間違った問題のみを「復習リスト」に加えていく。
ⅱ) [学習終了課題全てを追加する]ボタンを押すと,すべての課題問題が復習リストに表示される。
*一つでも[復習リストに加える]で登録しておけば,後でその数を増やしたり,すべての課題を復習リストに登録することが可能になる。

7.[Message Board]の活用の仕方
→担当教員から全員へ通知するとき利用するので,アイコンの上に表示が出ている場合には,その内容を確認する。

8.[Contact Us]の利用の仕方
→教員との連絡をとるために利用する。
①一般的な授業に関する質問
②各課題についての質問

9.[Check E-mail]の利用の仕方
→アイコンの上に表示が出ている場合には,担当教員から連絡事項が届いているので,必ずチェックする。


Copyright@2017島根大学外国語教育センター
連絡メール: shimane.elearning@gmail.com